【映画】第1回ガルパン特集。ゆっくりやります。

よく見たらこれチョウチンアンコウじゃないわ

はじめに

今回から複数回に渡って、『ガールズ&パンツァー』の特集記事をお届けします。更新は不定期ですので、ご容赦ください。

まず、作品を知った経緯をご説明します。
2015年に『ガールズ&パンツァー劇場版』が公開されました。テレビシリーズを全く観ていなかったのに、当時何を考えていたのか、いきなり劇場版を観に、立川シネマシティに突撃。案の定キャラクターがわんさか登場するのに一人もわかりませんでした。本作は戦車道という乙女の嗜みが主題となっており、少女達が、何やらチームに分かれて、戦車に乗って戦います。ただの萌えアニメかと思いきや、双方のチームが繰り出す緻密な戦略と駆け引きが面白い。

よしこれを機にテレビシリーズも観てみようか、と思い立ったが運の尽き。一歩踏み出したら最後、泥沼にはまって抜け出せなくなる罠が仕掛けてありました。

この時を待っていた!

というわけで、早速はじめていきたいと思います。大変お待たせ致しました。満を辞して、満を辞して、始めていきたいと思います!

普段は極力ネタバレをしないよう心掛けているのですが、テレビシリーズの公開は2012年とすでに7年も経過しておりますので、今回はネタバレをご容赦下さい。更新ペースはかなり遅めに致しますので、その間にDVDをレンタルしてご視聴されることをお勧めします。

第一話 戦車道、始めます!

主人公は大洗女子学園に転校して来る女子高生、西住みほ。
口にトーストをくわえて「きゃー遅刻遅刻~!」とはなりませんが、遅刻しそうなのに家の鍵が気になったり、看板に描かれたゆるキャラに足を止めたりと、のんびり屋さんです。癒し。転校先で、活発な性格の武部沙織と、おしとやかな五十鈴華の二人と友達になります。みほは以前に居た黒森峰女学院で戦車道がトラウマになってしまい、戦車道のない大洗女子学園に転校して来たのです。ところが、大洗でも戦車道が復活し、生徒会の横暴により、唯一の経験者として戦車道に入れられてしまいます。

一度は戦車道から逃げたものの、再び戦車道に戻って来たみほ。
一緒に戦車に乗るのは、生徒会が作成した(?) 戦車道の紹介動画に釣られて入部した少女達。どいつもこいつも曲者揃いでありながら、経験者はみほだけ。第二話ではチームに分かれて練習しますが、とんでもないことに……。

こんなにほのぼのとしていて、実戦で勝てるのでしょうか。

物語の型としては、弱小高校に強豪校からスター選手がやって来て、チームを優勝まで引っ張ってゆくスポーツもの、でしょうか。『響け!ユーフォニアム』では吹奏楽部に凄腕の顧問が着いて全国コンクールに行きますが、『ガールズ&パンツァー』では、みほがチームをまとめます。

登場人物、みんな自由人‼︎

戦車道という語からは、ごりごりの体育会系を彷彿とさせますが、この世界では華道や茶道に近い系統です。みほはいつも敬語ですし、おっとりしています。チームの少女達も、戦車を自分好みの色に塗ったり、内装をデコレーションしたりと、とにかく自由。試合中にバレーボールをしたり、トランプの大富豪で時間を潰したり……遠足か!

体育会系のノリが正直苦手という方でも、そういうストレスは全くなく、本作を楽しめます。いえーい、最高だぜ!!!!!!

おわりに

第一回目はここらで締めたいと思います。次回は初めての練習試合である「大洗女子学園VS聖グロリアーナ女学院」について書きたいと思います。巷では、本ブログはアニメ作品のレビューの時だけテンションが違う!、と噂されているようですが、私は常に冷静沈着です。
それではまた次回お会いしましょう。

著者
こねこ座

こねこ座

個人でアニメーションを制作する傍ら、ご機嫌な映画紹介ブログの管理人をしている。映像作家。

コメントを残す