【特集】イップマンシリーズ

葉問の前ではすべてが負けフラグ

今回はイップマンの特集記事を書いてみたいと思います。
前回『イップマン外伝 マスターZ』をご紹介させていただきましたが、実はイップマンシリーズの最新作『イップマン4 完結編』が日本で公開決定しておりまして、ここらでイップマンシリーズを振り返っておこうかと考えた次第です。

イップマンは実在する中国の拳法家で、彼を主人公にしたアクション映画、それがイップマンシリーズです。イップマン役のドニー・イェンを“宇宙最強の男”と言わしめるきっかけとなる作品となりました。

『イップマン 序章』

1930年代、中国広東省仏山。
家族と平和に暮らしていたイップマン。しかし日中戦争が起こり、仏山にも日本軍がやってきて侵略を開始。イップマンが拳法の達人だと知った日本軍は、彼の詠春拳を、日本兵に教えさせようする。
当然、イップマンは断るが、おとなしく引き下がる日本軍ではなかった。彼らの策略にはまり日本軍将校の三浦とデスマッチをすることに……。

“拳法は暴力じゃない”

日本軍が悪者として描かれているので、複雑な気持ちになります。
外国における日本軍のイメージはこんな感じなのでしょうか。ただ、日本軍の三浦将校は、卑怯を嫌い、武術を好む、敵ながらあっぱれな男として描かれています。そこは良心的ですね。
日中戦争の時代なので、日本軍は当然銃を持っています。銃を構えられていては、いくら拳法の達人イップマンと言えども、逆らえません。しかし、銃を向けられても、人質を取られても、暴力には決して屈しないイップマンの姿には心を動かされます。

『イップマン 葉問』

1949年、終戦直後のイギリス領香港。
仏山から逃れてきたイップマン一家は、香港で武館を開き、再起を図る。ところが新天地で拠点を築くのは容易ではなく、武館は二転三転。そんなとき、イギリスが仕掛けてきた異種格闘技戦で、ホン(サモ・ハン・キンポー)が破れ、代わりにイップマンが戦うことに。相手はイギリスのボクシングチャンピオン、ツイスター。

ボクシングVS詠春拳

本作のヒットを受けて、『イップマン 序章』が日本公開することになった作品。それもうなづける面白さだと思います。

とにかくアクションが見応えあります!

ドニー・イェンサモ・ハン・キンポーの戦いは「ついにきたか!」といった感じですし、ボクシングチャンピオンを相手に、イップマンが詠春拳でどう戦うのか。『イップマン 序章』を観るのが躊躇われる方には、まず本作を勧めたいですね。

『イップマン 継承』

1959年、イギリス領香港。
あれから詠春拳は香港でも認められ、街の人からも詠春拳の師匠として慕われるようになっていた。そんなとき、同じ詠春拳の使い手であるチョン・ティンチ(マックス・チャン)と知り合う。ティンチは凄腕の達人だが、車夫をしながら息子のフォンと2人で暮らしており、いつか有名になって武館を開くことを夢見ている。
どちらが詠春拳の正統か。
頭角を表すティンチは、イップマンに挑戦状を叩きつける。
一方そのころ、イップマンは別の問題に頭を悩ませていた。

マックス・チャン参戦!

私は『イップマン外伝 マスターZ』から知ったので、ティンチには特別思い入れがあります。息子のフォンとのやりとりが相変わらずいいですね。本作の見所は詠春拳VS詠春拳だと思うのですが、個人的にはマックス・チャンのデビュー、彼の見事なアクションとイケメンっぷりが最高だと思います。

最後に

というわけで全シリーズを観ていきました。
本当に面白かったです。
カンフー映画は『プロジェクトA』が好きだったんですが、ドニー・イェン演じるイップマンシリーズ、そしてマックス・チャン演じる外伝。どちらも時間を忘れて見入ってしまう、見事なアクションでした。

拳法習いたくなった。

著者
こねこ座

こねこ座

個人でアニメーションを制作する傍ら、ご機嫌な映画紹介ブログの管理人をしている。映像作家。

コメントを残す