【自主制作】幼馴染の2人のダンサーが、別々の道を行くことになる。人生の岐路を描いた物語。

イヤな予感しかしない扉絵

大黒座まつりで、杉本作品爆誕!

北海道浦河町の映画館である大黒座で、拙作『闇雪路』の上映が決定しました!これは奇跡です。この作品は日の目をみる機会があまりなかったもので、親バカかもしれませんが、感無量! 空前絶後です!

この上映に合わせて本作を手直ししたので、「もう見たわ!」という方も楽しめます。

私の作品以外にも、同世代のアニメーション作家三上あいこの新作もご覧になれます。

さあ、いますぐ浦河町へ

レッチャ・ゴー!

第16回大黒座まつり 概要

2019年11月23日 (土) 17時開場 17時30分開演
・食べ物、飲み物付き前売り券1,500円 (当日1,800円)
・小学生以下無料 中高生500円
・前売り券予約可
・電話 0146-22-2149

飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、サイダーなどソフトドリンクや、酎ハイもあるとか。確かにロシアではウィスキーのことを”水”と呼ぶそうですから、北海道でも酎ハイは水と同じです。食べ物はパンかカレーになるそうです。ちなみに、本作に登場するロシアの郷土料理、ブリヌイは出てきません。

カレーの具が気になるところですね。
浦河は港町なので、シーフードでしょうか?
それとも北海道ならではの、じゃがいもをふんだんに使って?

うーん、これは行くしかないでしょう!!!

飲み物一品、食べ物一品を選ぶ形式で、当日1,800円とは、東宝で映画一本観るより安いですね。

おわりに

今回は私の自主作品の記事を書かせていただきました。

元々このブログは、アニメーション作家として、自分の作品や思想を発信する拠点にするつもりで始めたものです。そんな当初の目的はどこへやら、今ではすっかり映画紹介ブログです。

まだまだ改修の余地のある本ブログですが、マイペースに続けて参りますので、これからもごひいきに。

※なお、本ブログに上がっている動画は旧バージョンです。完全版は大黒座まつりの後に公開を予定しています。

著者
こねこ座

こねこ座

映像作家。個人でアニメーションを制作する傍ら、ご機嫌な映画紹介ブログの管理人をしている。

闇雪路 Comment

  1. アバター

    おめでとう❗頑張れ

コメントを残す