【書籍】その少女に酷いことをするのは僕だ!

炎の次は氷かよ

映画じゃない、だと⁈

まさに蒼天の霹靂。

映画紹介ブログ”銀幕の館”でまさかのBookレビュー! 管理人、血迷ったか!

と思ったそこのあなた。

実は本ブログではすでに一冊紹介しているのですよ。『炎のタペストリー』という小説をね。まさか半年以上も間が空くとは思ってませんでしたが笑。

ということで今回は

『氷』(アンナ・カヴァン)の紹介をやっていきたいと思います。炎の次は氷かよ(これ偶然!)。

いつになくテンション高めにいくぜえ!

まあ、この作品めっちゃシリアスなんですけどー。

アルビノの美少女を追いかけるドS男

本作の舞台はイギリスです。

世界中で気温が底無しに下がり続け、世界は氷で覆われ、人が住める場所はどんどん少なくなってゆく。

主人公の男は、世界が大変になっている時に、仕事そっちのけで、少女の尻ばかり追いかけています笑。

主人公が真人間ならいいのですが、読み進めてゆくと、どうやらドSらしいことが発覚。読み手は色んな意味でハラハラすることでしょう。

また、主人公が追う少女というのが、アルビノで美しいという点を除けばなんとも無個性。固有の人物名もありません。

主人公が命からがら辿りついても、

「え、なんで来たの?」

とそっけない。せっかく助けに来たのに笑。

そんな少女に、主人公は異常な執着と執念で、どこまでも追いすがるのです。

「あんたなんか大嫌い!」

好きな相手からそう言われると、普通傷つくと思うのですが、彼は好いた相手が自分を見てくれないことより、少女がまた遠くに行ってしまったことを悔しがります。

氷が迫り、戦争や紛争で身動きできなくなる中、2人はまた出会うことができるのだろうか。

というより、出会っていいのか笑?

作者の概要的なやつ

はい、ということで、作者のことをもう少し掘り下げたいと思います。

アンナ・カヴァンという女性は、イギリスのSF作家です。仲間内では名前が知られていたものの、まだ一般には名前は知られていませんでした。

今回紹介した『氷』がきっかけで名前が知られるようになりますが、すぐに亡くなっています。

本の最後の方に詳しい説明ありますので、良かったら本を買ってみて下さい。 ←おい。

科学、科学していないのがイイ。

私もこれまでにSF作品を多少読んできたのですが、『氷』の独自性が高いのは、科学的な描写がほとんど出てこない点ではないでしょうか。

大抵のSF作品は、あり得ない現象が起きている理由を、科学的にこれでもかと描写します。そこに科学的根拠を持たせられるかどうかが、結構重要だったりします。

SFが苦手な人はここで躓くかもしれません。

ところが、『氷』の場合はそういった、悪い意味でくどい描写は殆どありません。

SF苦手でも大丈夫!

逆にスペースオペラが好きな人は、ピンとこないかもねー。

おわりに

はい、ということで今回は『氷』を紹介しました。小説に対するハードルが高いせいで、たくさんは紹介できていないのですが、これからもマイペースに続けていきます。

そうまるで水滴が、長い時をかけて石を穿つように。

ポタリ、ポタリ……。

風流な水滴の音を想像してください。

終わります。

著者
こねこ座

こねこ座

映像作家。個人でアニメーションを制作する傍ら、ご機嫌な映画紹介ブログの管理人をしている。

コメントを残す