【映画】30年かけて作り上げた、テリー・ギリアム執念の大作!

「サンチョ、巨人だ、立体機動に移れ!」

ネタバレ注意報発令?

個人的には、あまり事前調査をしないで劇場に足を運ぶことをおすすめします。

私は原作の『ドンキホーテ』は読んでいたのですが、先の展開がどうなるのか、予想を裏切られ、驚きました。

なので、本編の内容についてはここで詳しく紹介しないつもりです。

じゃあ、ブログで何を書こうか。

……自作のポエム聴きたい?

完成まで30年とか、赤ちゃんがおじさんになる

ということで今回は『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』を紹介していきたいと思います。

この作品は構想から完成に至るまで30年もかかっているので、作品の内容よりも概要的なやつを中心に書いていこうと思います。

監督は『未来世紀ブラジル』で有名なテリーギリアム。

『未来世紀ブラジル』はどこまでが頭の中で何が現実なのか、分からなくなる快楽がありましたが、故に原作『ドンキホーテ』とも相性が良かったのでしょう。

出演者は何人も降板して、最終的にはアダム・ドライバーが出演しています。

アダム・ドライバーといえば、以前紹介した『ブラック・クランズマン』で、黒人刑事の相棒役を演じていますね。

なんで30年もかかったの?

とりあえず初期段階の構想が10年。

その後、プリプロダクションが開始し、3120万ドルの予算が組まれます(リッチ!)。

ところが、俳優ロシュフォールが乗馬で腰を痛めてしまったり、鉄砲水でロケーションが破壊される等、様々なトラブルで企画が頓挫します。

この時、保険会社から保険金を受け取る代りに、脚本の権利が保険会社に移ります。

脚本の権利を取り戻すのに何年もかかり、俳優が決定するも資金繰りで難航し、その間に俳優が降板する事態に。

ようやく資金も集まり、これでいける!と確信したものの、俳優ジョン・ハートに膵臓がんが見つかり撮影がストップ……。

正直なところ、”なぜ30年もかかったのか“よりも、”なぜ30年もモチベーションが続いたのか“の方が気になります。

原作はどうなのよ

ここいらで原作の『ドンキホーテ』についても、少し触れたいと思います。

『ドンキホーテ』は、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンデスが書いた小説。

騎士道物語の読み過ぎで、現実と物語の区別がつかなくなった男が、自身をドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャという遍歴の騎士だと思い込み、馬のロシナンテ、従者のサンチョ・パンサと共に旅をする話です。

古典でありながら、いま読んでも普通に楽しめる面白さ。

巨人がブームであるしね。

実際、映画はどうだったのか

30年の重さと言いますか、かなりのボリュームがありました。

画も音もゴージャス(重厚)で、長さも133分あるのが嬉しい!

例えて言うなら、山のようなライスの谷間から無限のカレールーが、滝となって雪崩落ちている山の頂に、男性の握り拳サイズの唐揚げが五個ドン、ドドン!と、中国山水画の岩のように乗っかっている!!!

これはもう大満腹!

……そんな感じでしょうか。

まあ、『ドンキホーテ』スペイン🇮🇳の作品なんですけどねー。

おわりに

ということで今回は『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』を紹介しました。

久しぶりにすごい映画を観たぞー!はぁ、よかった。

では、またね! バイバイ。

著者
こねこ座

こねこ座

個人でアニメーションを制作する傍ら、ご機嫌な映画紹介ブログの管理人をしている。映像作家。

コメントを残す