【映画】極東国際軍事裁判(東京裁判)の模様が記録されたアメリカ国防総省のフィルムを編集した、4時間30分以上にも及ぶ歴史の記録。

この国の歪んだ謎が垣間見える

本編の長さ4時間37分!

“銀幕の館”ではあまり政治的な話はしない方針ですので、この記事で私の思想を語ったり、啓蒙は致しません。ただ「実際どんな感じなんだろう」と気になっている方もいらっしゃると思いますので、映画館の様子や休憩があるかなどの情報を、ここで共有したいと考えております。

本作は1983年に製作、公開された映画のデジタルリマスター版です。ユーロスペースの午前の回に行ったところ、年配の方が大勢観に来られ、立ち見が出ていました。私は30分以上前にチケットを買ったのですが、それでもギリギリ座れた、という感じです。10分間の休憩が、一回だけあります。ユーロスペースのトイレはそこまでキャパが大きくないので、10分でトイレに行って帰ってくるのは、軽い運動というか、もはやタイムアタックです。ユーロスペースのトイレに、長蛇の列が並んだのは初めての経験でした。

しかしながら、裁判の内容はなかなか興味深く、一回も寝落ちることなく最後まで観られました。まあ、両隣の翁達は寝息を立てていたんですけどね。無理もないことです。

個人的には、そんなに苦痛ではない4時間37分でした。

淡々としているものの、間延びはしていない

実際の裁判は全然ドラマチックではなく、正直眠くなります。昔、北海道大学の模擬裁判の講義に参加し、見事に爆睡してしまったことがありました。本作は裁判の記録映像を編集したものなので、まあ寝るだろうなという予想。ところが、間延びしている部分は編集でカットされ、要点だけをスピーディに解説。ナレーションでかなり詳細に説明してくれるので、事前に東京裁判について調べる必要もありません。

東京裁判の記録映像が中心ではありますが、適宜ナチスドイツや太平洋戦争の記録映像などが挿入されます。音は「映像の世紀」のように楽曲が基本的にずっと流れているのではなく、環境音のような音で構成されており、実験的です。音楽は『七人の侍』で有名な武満徹が担当しています。意外にも音が刺激的だったなあ、という印象です。

おわりに

はい、ということで東京裁判の紹介でした。
もし興味を持たれたら劇場に足を運んでみてください。それが叶わない方はDVDおよびBDも発売しているようなので、そちらでご覧になれます。トップミュージアムでも上映されます。

著者
こねこ座

こねこ座

映像作家。個人でアニメーションを制作する傍ら、ご機嫌な映画紹介ブログの管理人をしている。

コメントを残す