【妄想映画】あの伝説のホラーゲームとコラボ!?

サチコ今回も容赦ないな〜

伝説のホラーゲーム

知る人ぞ知る学園ホラーゲーム『コープスパーティー』が時を経て実写化を果たしたことは、まだ記憶に新しいと思います。そして、時を同じくして、以前ご紹介した『犬鳴村』が興行収入10億の大ヒット。これを受けてシリーズ化が検討されたわけなのですが、なんと次の続編は、あの『コープスパーティー』とのコラボ企画らしいのです!

まあ、タイトルだけ見るとコラボ先に食われてる感がありますが……。

本編はまだ劇場公開されていないのですが、コラボ相手の『コープスパーティー』を少し紹介して、今作の見所について語りたいと思います。

コープスパーティーBRあらすじ

放課後、学校に残って怪談話をしていた9人が、面白半分に「しあわせのサチコさん」というおまじないを試す。

呪文を唱え、形代の紙を一斉に千切るだけの単純な儀式に大した効果があるわけないと、誰もが思っていた。ただ転校してゆく友人の思い出になればいいと。

しかし、大方の予想は外れ、高校生たちは強烈な力で天神小学校へと飛ばされる。

腐臭と血痕まみれの、恐怖の廃校舎へ。

『コープスパーティー』ってなんやねん

第1作目の「コープスパーティー」は、1996年にPC98用ソフトで作られました。

その後、2010年にPSPから「コープスパーティーブラッドカバーリピーディッドフィアー(以下『BR』)」としてコンシューマゲームに参入。第1作目をプレイしていないので確認できませんが、『コープスパーティーBR』に至る過程で、内容もかなり変わったとのことです。

その他に、続編や外伝のゲームなどが発売され、実写映画化も果たしています。

『コープスパーティーBR』が名作と言われる理由は、プレイしていただけると一目瞭然なのですが、恐怖演出がかなり細かく、一切情け容赦ないので、めちゃくちゃ怖いからでしょう。

キャラクターがアニメ調の絵で描かれており、声優陣もかなり豪華で、ゲーム画面は昔懐かしドット絵。それ故に、荒々しいドット絵と声優さん迫真の演技が恐怖をいっそう駆り立てます。

犬鳴村

はいということで、ざっと『コープスパーティー』について説明させていただきました。『犬鳴村』について知りたい方は、以前にこのブログで紹介しているので、よかったらご覧下さい。

ではいよいよ、今作『コープスパーティーVD』の見所について語りたいと思います。

コープスパーティーVD

『コープスパーティーBR』で同じみの智志たち一行が、他校へ転校する友人まゆを激励するべく、肝試しを企画する。発案者は怪談好きの委員長あゆみ。

「ねえ、知ってる?ダムの底に沈んだ村の有名な都市伝説なんだけど~」

今はなき廃村に繋がっているというトンネルに、大げさに怖がりながらも、同行する智志たち。カメラ片手に面白半分で突撃するものの、帰り道が塞がれ、八方塞がりに。当たり前のように湧いて出てくる幽霊たちに追い回され、心身共に疲弊してゆく。

このままではラチが空かない……!あゆみは覚悟を決め、「しあわせのサチコさん」のおまじないを決行する。

「化け物には、化け物をぶつけるのよ!」

ところが、呼び出されたサチコは犬鳴村の幽霊とは争わず、手を取り合って智志たちに襲いかかる……!

こ、こんなはずじゃなかった~!

おわりに

はいということで『コープスパーティーVD』の紹介でした。

いかがでしょうか。

怪異同士が闘うのではなく、手を組んで非力な高校生たちに襲いかかるという、ドSには堪らない設定ですね。

いや~

4月1日にぴったりな記事ですわ。ではまた!

著者
こねこ座

こねこ座

映像作家。個人でアニメーションを制作する傍ら、ご機嫌な映画紹介ブログの管理人をしている。

コメントを残す